CakePHP3 | FormHelperの使い方

共通パラメータ

CakePHPのFormHelperを利用する場合のパラメータは、第一引数が、$fieldNameとなり、第二引数が、$optionsとなります。

テキストボックス

書式
$this->Form->text($fieldName, $options = array());
使用例
$this->Form->text('User.name', array('class'=>'class_name'));
//生成コード
//<input id="UserName" class="class_name" name="data[User][name]" type="text" />

テキストエリア

書式
$this->Form->textarea($fieldName, $options = array());
使用例
$this->textarea('User.note', array('class'=>'class_name','value'=>'ほげほげ'));
//生成コード
//<textarea id="UserNote" class="class_name" name="data[User][note]">ほげほげ</textarea>

チェックボックス

書式
$this->Form->checkbox($fieldName, $options = array());
使用例
$this->Form->checkbox('User.gender', array('class'=>'class_name'));
//生成コード
//<input id="UserGender" class="class_name" name="data[User][gender]" type="checkbox" />

セレクトボックス

第三引数がタグ属性となることに注意してください。

書式
$this->Form->select($fieldName, $options = array(), $attributes = array())

第二引数 $options
optionタグの値を連想配列で設定する。
array(1 = >’hoge’, 2 => ‘huga’)を設定した場合は、

<option value="1">hoge
<option value="2">huga

のコードが生成される。

第三引数 $attributes
設定値を連想配列で設定します。

①class
class属性

②empty
optionタグの先頭の項目。
‘empty’=>falseで先頭がなくなる。
‘empty’=>array(‘0’=>’-‘)と書くと

<option value="0">-</option>

のコードが生成される。

③value
デフォルト値を設定する属性となります。
デフォルト値の項目を、value値(第二引数のkey)の形式で設定します。
‘value’=1と設定すると、

<option value=1 selected="selected">

のコードが生成される。

スポンサーリンク